口内の健康を守るデンタルドクターは歯科にいる|輝く歯をキープ

歯医者

予防は毎日の歯ブラシ

歯ブラシを工夫すると歯の病気は減らせます

歯科

歯が悪くなってから歯科に通う人は多いでしょう。しかしながら最近では歯の病気の予防に注目が集まっています。歯が悪くならないためには歯の磨き方に工夫が必要になります。特に歯ブラシが届かないところの歯の磨き方の工夫がポイントになってくるでしょう。歯並びがでこぼこしている場合は、1本1本の歯に歯ブラシを縦にあてて歯ブラシの毛先を上下に細かく動かすといいでしょう。歯茎と歯の境目も歯磨きするときに十分に磨けない場所になります。歯茎に対しては歯ブラシを45度の角度に毛先を当てて細かく動かしましょう。また奥歯にある背の低い歯も歯ブラシが届きにくい場所です。そのため奥歯の虫歯になる人が多いようです。そのような歯に対しては歯ブラシを斜め横から入れて細かくブラシを動かしましょう。

予防歯科が注目されています

歯科へは虫歯や歯周病など歯が悪くなってから通うものと思っている人は少なくないでしょう。しかしながら最近では予防歯科というものが注目を集めているようです。これは歯が悪くなる前に定期的に歯科へ受診して歯のメンテナンスを行ってもらうものであります。最近では多くの歯科医院でホームページを開設しています。予防歯科に力を入れている歯科医院の中には予防歯科の大切さを説明して定期的に受診するように促しております。歯が悪くなってから治療を行うと、虫歯や歯周病などの疾患の程度によっては治療期間は長くなるしその分治療費も高額になります。悪くなる前に定期的に受診することで治療費の負担も抑えられるでしょう。またスタッフから正しい歯磨きの方法も指導してくれるので自宅でのメンテナンスも出来るようになります。