口内の健康を守るデンタルドクターは歯科にいる|輝く歯をキープ

歯医者

医療費控除と自己負担額

インプラント治療は医療費控除の対象です

歯

歯科治療で近年注目を集めているインプラント治療ですが、多くの人がご存知のようにこの治療は保険が効かない自由診療であります。そのため治療にかかった費用はすべてい自己負担となってしまいます。歯1本をインプラント治療した場合その治療費は30万円から50万円位かかるといわれています。このようにインプラント治療は高額医療といえますが医療費控除の対象でもあるのです。医療費控除とは1月1日から12月31日までの1年間にかかった医療費の合計が10万円を超えると一定の金額の所得控除が受けられる制度のことであります。医療費控除の申告は税務署で行うことになります。その時には領収書が必要になるので歯科医院からの領収書はなくさずに保管しましょう。

医療費控除に含まれるものについて

歯科医院で受けるインプラント治療は自由診療であるため保険が効きません。自己負担で治療を受けることになります。しかもインプラント治療はお金のかかる治療で歯1本あたり数十万円の治療費が必要となります。インプラント治療は医療費控除の対象であるため申告をすると治療費の一部が戻ってきます。この医療費控除の範囲には歯科でのインプラント治療にかかった治療費の他に歯科医院まで通院するのにかかった交通費も含まれます。ただし自家用車で通院されたときのガソリン代は対象外なので注意しましょう。バスや電車で通院した場合はその時の領収書もなくさずに保管しておくと良いでしょう。領収書がない場合は乗車区間と乗った日付のメモでも認められるようです。不明な点は税務署に確認すると良いでしょう。